提案団体交渉コーナー

2019年度「システムチェンジ・コストダウン計画」の実施について 【びゅうプラザの業務運営体制の見直し】

最終更新日 2019年 9月 5日


→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 団体交渉を終了!

  ★ 2019年 8月28日 16時00分より団体交渉を行いました

→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 提案内容(概要)

 1.実施概要及び実施時期

   施策項目   びゅうプラザの業務運営体制の見直し

   実施概要    旅行業界を取り巻く環境やお客さまニーズの変化に柔軟に対応した販売体制の構築等を目的として、新潟駅のびゅうプラザを(株)びゅうトラベルサービスへ移管する。

   対象箇所及び実施日    新潟駅                 

                    【2020年4月1日】

   要員増減   △34

 2.業務機関別標準数

   ※ここでは割愛

→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 団体交渉のポイントNEW

  • 「システムチェンジ・コストダウン計画」によるが、「変革2027」「『駅』の変革と新たな顧客接点創り(旅行業部門の今後の方向性)」も絡んだ事案
  • 水平分業により、他支社でもびゅうプラザを運営している(株)びゅうトラベルサービスが持っているノウハウを活用することが出来る
  • 業務移管後、新潟駅高架化に伴い店舗は西口へ移動、2022年に顧客接点型拠点になるまでは発売業務をする予定
  • 移管以降も新潟支社としては現行通りの体制を望む
  • 「顧客接点型拠点」については、マルスを置くかどうかも含めてまだ形は決まっていない
  • びゅうプラザ長岡については2020年2月末をもって閉鎖
  • 長岡の閉鎖は(株)びゅうトラベルサービスの意向もあり、環境の変化もある。総合的判断による。
  • 「『駅』の変革と新たな顧客接点創り」における顧客接点型拠点として長岡ではなく新潟を残すのは、収益力や地域での影響など様々勘案した
  • 長岡の店舗跡地の利用方法に関しては様々な話し合いを含め検討していく
  • 店舗販売の収入は下がり続け、ネットの割合は25%を超えている
  • 対面販売がなくなることによるサービスの低下はある
  • 店舗閉鎖、MVによる引き取り、ネット販売など様々なお知らせを支社HP、新聞広告で行っている

→地本団体交渉コーナーへもどる