地本申4号コーナー

短時間行路における誤った運用の是正を求める緊急申し入れ

最終更新日 2019年11月24日


→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 申4号 短時間行路における誤った運用の是正を求める緊急申し入れ

2019年10月 4日申し入れ

 長岡運輸区で設定されている短時間行路に臨時列車を組み、臨行路として運用されている実態が明らかになりました。

 いわゆる短時間行路は、多様な働き方の実現を目的として施行された「乗務員勤務制度の見直し」に基づき、2019年のダイヤ改正から設定されています。

 乗務割交番から遊離した労働時間を6時間とする行路を作成するとした新しい考え方に対して新潟地本は、2018年度申2号、及び申7号を通じて「その他時間」の取り扱いや行路の指定・運用方法等について、新潟支社と細部にわたり議論を行ってきました。

 今回長岡運輸区で発生した取り扱いは、労使の議論を通じて設定されてきた経過を逸脱する運用であり、これまでの議論が水泡に帰すものであるとの認識にあります。

 従いまして下記の通り緊急的に申し入れますので、新潟支社の真摯かつ速やかな回答を要請します。


  1. 短時間行路に臨時列車を組み込んで運用した理由を明らかにすること。
  2. 変行路ではなく臨行路として運用した理由を明らかにすること。
  3. 短時間行路は見直された乗務員勤務制度の趣旨に沿って運用すること。
  4. 回答は10月10日までに行うこと。

以上

→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 団体交渉の日程が決定!

  ★ 2019年11月11日11時00分より団体交渉を行います

→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 団体交渉を終了!

  ★ 2019年11月11日 11時00分より団体交渉を行いました

→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 支社側の回答及び見解NEW

  1. 短時間行路に臨時列車を組み込んで運用した理由を明らかにすること。

    回答:急遽の臨時運転計画を受け、要員手配及び勤務操配等を総合的に勘案し判断した結果である。

  2. 変行路ではなく臨行路として運用した理由を明らかにすること。

    回答:短時間行路ではないことを明確にし、充当誤りを防ぐため臨行路での運用とした。

  3. 短時間行路は見直された乗務員勤務制度の趣旨に沿って運用すること。

    回答:今後も多様な働き方が実現できるよう、柔軟に乗務員勤務制度の運用を図っていく考えである。

  4. 回答は10月10日までに行うこと。

    回答:「労使間の取扱いに関する協約(平成30年10月1日締結)」に則り、取り扱うこととなる。

→地本団体交渉コーナーへもどる