地本申4号コーナー

「2021年度冬期の取り組み」に対する申し入れ

最終更新日 2021年11月25日


→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 申4号 「2021年度冬期の取り組み」に対する申し入れ

2021年11月 2日申し入れ

 2020年度冬期は平野部でも大雪となり、新潟支社管内の在来線全線で終日運休が続くなど多大な影響を受けました。新潟地本は、2020年度申第4号『雪害により発生した諸問題に関する申し入れ』及び、2020年度申第14号『2020年度冬期の取り組みに対する検証を求める申し入れ』にて、昨冬期で明らかとなった課題を克服すべく新潟支社と議論を行なってきました。

 これら新潟支社と積み上げてきた議論と、標題の今提案を受け全組合員で検討を行い、2021年度冬期において冬期輸送を担う社員の負担を軽減しつつ、安全・安定輸送を確保するため下記の通り申し入れますので、新潟支社の誠意ある回答を要請します。


  1. 新潟支社における「冬期の取り組み」についての提案及び社員周知は、可能な限り細部にわたり行うこと。
  2. 輸送指令の要員体制、冬期設備の使用開始等の冬期体制を12月1日からとすること。
  3. 雪害に伴う計画運休等のプレス発表及び全系統への現場周知は速やかに行うこと。
  4. 雪害に伴う計画運休は、降雪及び現場の除雪状況を第一優先に考えて判断すること。
  5. 乗務員運用におけるタクシー輸送の解消等列車の持ち替え関する課題を明らかにすること。
  6. 暖房予熱について車種別に考え方を明らかにすること。
  7. 車掌の誘導による制輪子凍結確認についての考え方を明らかにすること。
  8. 羽越本線のトンネル内氷柱対策を明らかにすること。
  9. 車両センター構内を除く箇所での車両の屋根上除雪について必要な教育・訓練を実施すること。
  10. 駅のホーム除雪について始発確保の体制及び、お客さま・乗務員からの申告を受けてからの除雪体制を明らかにすること。
  11. 越後川口駅の飯山本線の除雪を始発列車前に終わらせること。
  12. 越後川口駅に除雪要員を常時確保すること。
  13. 寺泊駅下り1番線着発対策として越後線156Mは冬期間E129系4両で運用すること。
  14. 駅における体制見直しについて(2021年9月提案)を踏まえた吉田駅の除雪体制について明らかにすること。
  15. E129系の制輪子凍結に対する車両構造上の課題解決策を明らかにすること。
  16. E129系編成に改良された連結器カバーを施工すること。
  17. 検修社員による始発列車凍結対応の基準を明らかにすること。
  18. E653系窓ガラス破損(トンネル徐行等)を明らかにすること。
  19. 酒田運輸区構内タンクローリー出入り口および軽油タンクまでの除雪体制を確立すること。
  20. 酒田運輸区社員用駐車スペースの除雪体制を確立すること。
  21. 長岡車両センターの女性用休養管理室に電気毛布を配備する等、暖房設備を設置すること。
  22. 信越線・上越線の同時カッター代行運転に対応できる冬期要員を配置すること。
  23. 架線凍結による駅間停車の未然防止について考え方を明らかにすること。
  24. 車両センターでの防寒着・インナー等の貸与に関する考え方を明らかにすること。
  25. 磐越西線の沿線危険木への対策及び伐採について考え方を明らかにすること。
  26. 五十島駅の線間プールを常時稼働させること。
  27. 乗務員のポイント不転換対応について、輸送指令員に対して説明を行うこと。
  28. ポイント不転換対応の際、乗務員と輸送指令員の意思疎通が相互に確認出来る取り扱いを実施すること。
  29. 乗務員によるポイント不転換対応の安全確保について保安体制及び保護具の視点で明らかにすること。

以上

→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 団体交渉の日程が決定! NEW

  ★ 2021年11月15日  9時30分より団体交渉を行います

→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 団体交渉を終了! NEW

  ★ 2021年11月15日  9時30分より団体交渉を行いました

→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 支社側の回答及び見解 NEW

  1. 新潟支社における「冬期の取り組み」についての提案及び社員周知は、可能な限り細部にわたり行うこと。

    回答:「冬期の取り組み」については、会社として必要な提示を行ったところである。

  2. 輸送指令の要員体制、冬期設備の使用開始等の冬期体制を12月1日からとすること。

    回答:冬期体制については、現行通りで考えている。

  3. 雪害に伴う計画運休等のプレス発表及び全系統への現場周知は速やかに行うこと。

    回答:雪害に伴う計画的な運休等のプレスリリースや各系統への周知は、可能な限り速やかに実施しているところである。

  4. 雪害に伴う計画運休は、降雪及び現場の除雪状況を第一優先に考えて判断すること。

    回答:最新の気象予報、降積雪状況等に基づき、運転計画を判断・決定しているところである。

  5. 乗務員運用におけるタクシー輸送の解消等列車の持ち替え関する課題を明らかにすること。

    回答:乗務員運用における列車の持ち替えは、関係箇所間での調整により実施しているところである。

  6. 暖房予熱について車種別に考え方を明らかにすること。

    回答:暖房余熱については、必要に応じて実施する考えである。

  7. 車掌の誘導による制輪子凍結確認についての考え方を明らかにすること。

    回答:車掌の誘導による制輪子凍結確認については、前日の気象情報等により、その実施の可否を決定し、乗務員点呼などで作業指示を行うことを基本とする。

  8. 羽越本線のトンネル内氷柱対策を明らかにすること。

    回答:トンネル内漏水対策については、支社内の優先順位を勘案し対応しているところである。

  9. 車両センター構内を除く箇所での車両の屋根上除雪について必要な教育・訓練を実施すること。

    回答:車両の屋根上除雪について、必要な教育・訓練は、実施しているところである。

  10. 駅のホーム除雪について始発確保の体制及び、お客さま・乗務員からの申告を受けてからの除雪体制を明らかにすること。

    回答:除雪体制については、お客さまの動線を考慮し、これまでと同様、状況に応じて検討実施していくこととなる。

  11. 越後川口駅の飯山本線の除雪を始発列車前に終わらせること。

    回答:機械除雪においては、始発列車前までに終了させることを基本として計画を立てている。なお、降積雪状況により時間を要することもある。

  12. 越後川口駅に除雪要員を常時確保すること。

    回答:越後川口駅に除雪要員を常時確保する考えはない。

  13. 寺泊駅下り1番線着発対策として越後線156Mは冬期間E129系4両で運用すること。

    回答:156Mの車両運用については、現行通りで考えている。

  14. 駅における体制見直しについて(2021年9月提案)を踏まえた吉田駅の除雪体制について明らかにすること。

    回答:部外能力等も活用しながら、管理駅総体で対応する考えである。

  15. E129系の制輪子凍結に対する車両構造上の課題解決策を明らかにすること。

    回答:E129系の制輪子凍結に対する車両構造上の問題はないと考えている。

  16. E129系編成に改良された連結器カバーを施工すること。

    回答:E129系編成の連結器カバーは、現行通りで考えている。

  17. 検修社員による始発列車凍結対応の基準を明らかにすること。

    回答:検修社員による始発列車凍結対応は、気象情報を考慮して派遣することとなる。

  18. E653系窓ガラス破損(トンネル徐行等)を明らかにすること。

    回答:E653系窓ガラス破損対策について、今冬期の計画的なトンネル徐行は実施しない考えである。

  19. 酒田運輸区構内タンクローリー出入り口および軽油タンクまでの除雪体制を確立すること。

    回答:酒田運輸区構内のタンクローリー出入ロおよび軽油タンクまでの除雪は、現行通りで考えている。

  20. 酒田運輸区社員用駐車スペースの除雪体制を確立すること。

    回答:社員用駐車スペースは遊休地を活用しているところであるため、除雪については現行通りで考えている。

  21. 長岡車両センターの女性用休養管理室に電気毛布を配備する等、暖房設備を設置すること。

    回答:長岡車両センターの女性用休養管理室の暖房設備は、設置しているところである。

  22. 信越線・上越線の同時カッター代行運転に対応できる冬期要員を配置すること。

    回答:臨時単行機関車運転手配については、状況を踏まえ実施していく考えである。

  23. 架線凍結による駅間停車の未然防止について考え方を明らかにすること。

    回答:架線凍結による駅間停車の未然防止策として、トロリー線塗油や2パン編成の運用、臨時単行機関車運転等を実施する考えである。

  24. 車両センターでの防寒着・インナー等の貸与に関する考え方を明らかにすること。

    回答:新潟支社被服類取扱規程に基づき貸与しているところである。

  25. 磐越西線の沿線危険木への対策及び伐採について考え方を明らかにすること。

    回答:沿線の危険木は、沿線近接木会議等により情報を共有し、計画的に伐採しているところである。

  26. 五十島駅の線間プールを常時稼働させること。

    回答:五十島駅の訊問内消雪については、現行通りで考えている。

  27. 乗務員のポイント不転換対応について、輸送指令員に対して説明を行うこと。

    回答:乗務員のポイント不転換対応について、輸送指令員に対して必要な教育を実施しているところである。

  28. ポイント不転換対応の際、乗務員と輸送指令員の意思疎通が相互に確認出来る取り扱いを実施すること。

    回答:ポイントの状況確認等を行う際には、安全を確保して実施する考えである。

  29. 乗務員によるポイント不転換対応の安全確保について保安体制及び保護具の視点で明らかにすること。

    回答:本取り扱いを実施する場合は、他の列車または車両を進入させない措置を講じたうえで実施するものである。

→地本団体交渉コーナーへもどる