地本申8号コーナー

2022年3月ダイヤ改正における駅及び運輸区の業務体制の見直しに対する申し入れ

最終更新日 2022年 5月30日


→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 申8号 2022年3月ダイヤ改正における駅及び運輸区の業務体制の見直しに対する申し入れ

2022年 1月28日申し入れ

 東日本ユニオン新潟地本は、2021年12月21日に「駅及び運輸区における体制の見直しについて」の提案を受けました。

 今ダイヤ改正では、羽越本線・村上~酒田間のワンマン運転の拡大や「庄内統括センター」の発足等により、今まで以上に社員の労働条件・労働環境、そして「お客さまへのサービス」に大きく関わる変化が生じると認識しています。

 一方で労働条件に関する要員算定について、これまで現業機関における必要な要員は標準数として一定の目安として示されてきたことに対して、1日当たりの出面数(作業ダイヤ数)で「管理・一般・乗務」に分けて示すことに変更され、設定したダイヤに対する乗務員の労働条件が不明確となりました。

 駅業務体制の見直しについては、サービス向上や異常時対応について労使での更なる議論が必要であると認識しています。

 従いまして、下記の通り申し入れますので、新潟支社の誠意ある回答を要請します。


【ダイヤ改正関係】

  1. 羽越本線内へのSuica改札機及び簡易Suica改札機の導入計画を明らかにすること。
  2. 羽越本線・村上〜酒田間のワンマンエリア拡大にともなうフェアゴール対策についての考え方を明らかにすること。
  3. 羽越本線、村上~鶴岡間のワンマン試運転は、GV-E400系2両で日中及び夜時間帯で行うこと。
  4. ワンマン運転が拡大される羽越本線村上〜酒田間のワンマンミラー清掃及びメンテナンスのあり方について考えを明らかにすること。
  5. 羽越本線・三瀬駅中線に新設された上りワンマン列車用の停止位置目標を3停目の位置に移設すること。
  6. 新潟駅高架ホームで手歯止め作業時に降車出来るよう足場を設置すること。
  7. 新潟駅ホーム発前整備となる3921M、120M、420Mにドア扱い10分の付加時間を付与すること。
  8. 新潟運輸区B1218行路467M着後の折り返し時間に、西口改札閉鎖時エレベーター使用による3分(準備)を加算すること。
  9. 酒田運輸区運転士行路における「酒田~秋田間特急いなほ号」の技術保持及び、ダイヤ改正以降の運転士行路運用について考え方を明らかにすること。
  10. 羽越線・酒田~秋田間の特認曲線に対応した運転時分の見直しを行うこと。
  11. 酒田運輸区運転士における110系車両の運転技術保持について明らかにすること。
  12. 酒田運輸区運転士行路運用に110系の車両運用を行わないこと。

【検修について】

  1. 検修社員がこれまで担っていた業務について今後、どのようにするのか明らかにすること。

【設備関係について】

  1. 今後の作業間合いの確保はどのようにするのか考え方を明らかにすること。

【車両・設備について】

  1. GV-E400系、ワンマン列車運転時、無人駅に停車後に流れる自動放送の時間30秒以内に改修すること。
  2. GV-E400系ワンマン列車運転時、発車ベルが鳴動できるようにワンマン装置を改修すること。
  3. E653系運転時、交流区間で回生ブレーキが失効する原因と対策を講じること。
  4. E129系において上越線・長岡~浦佐間において運用する際に「案内設定」ができるようにROM改修を行うこと。

【その他】

  1. 乗務員による車内清掃の付加時間に、運転士と車掌に違いがある理由を明らかにすること。
  2. 就業規則第90条を遵守せず、乗務割交番を大型化した理由を明らかにすること。
  3. 着発3時間以上の着発点呼を廃止した理由を明らかにすること。また、これまで実施していた理由を明らかにすること。
  4. 駅留置時の折り返し点呼を廃止することに統一した理由を明らかにすること。また、これまで実施していた理由を明らかにすること。

【駅の業務体制の見直し関係について】

  1. 長岡駅の6時から7時、19時から20時。新津駅の18時から19時の窓口による発券状況を明らかにすること。
  2. 長岡駅、乗り換え改札口のマルス稼働状況について明らかにすること。
  3. 長岡駅、新津駅の3月12日以降の作業ダイヤについて明らかにすること。
  4. 新津駅の19時以降の営業体制について明らかにすること。
  5. 支社として指定席券売機の利用率を向上させる為の具体的な案を明らかにすること。

以上

→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 団体交渉の日程が決定!

  ★ 2022年 2月15日  9時30分より団体交渉を行います

→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 団体交渉を終了!

  ★ 2022年 2月15日  9時30分より団体交渉を行いました

→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 支社側の回答及び見解

【ダイヤ改正関係】

  1. 羽越本線内へのSuica改札機及び簡易Suica改札機の導入計画を明らかにすること。

    回答:現時点で羽越本線内においてSuica エリアを拡大する計画はない。

  2. 羽越本線・村上~酒田間のワンマンエリア拡大にともなうフェアゴール対策についての考え方を明らかにすること。

    回答:運賃収受については、他のワンマン運転実施線区と同様の対応で考えている。

  3. 羽越本線、村上~鶴岡間のワンマン試運転は、GV-E400系2両で日中及び夜時間帯で行うこと。

    回答:試運転については、必要に応じて実施する考えである。

  4. ワンマン運転が拡大される羽越本線村上〜酒田間のワンマンミラー清掃及びメンテナンスのあり方について考えを明らかにすること。

    回答:ワンマンミラー清掃及びメンテナンスについては、必要の都度対応していく考えである。

  5. 羽越本線・三瀬駅中線に新設された上りワンマン列車用の停止位置目標を3停目の位置に移設すること。

    回答:ワンマン列車用の停止位置目標を設置する考えはない。

  6. 新潟駅高架ホームで手歯止め作業時に降車出来るよう足場を設置すること。

    回答:新潟駅高架ホーム降車用の足場については、現行通りで考えている。

  7. 新潟駅ホーム発前整備となる3921M、120M、420Mにドア扱い10分の付加時間を付与すること。

    回答:必要な労働時間は確保しているところである。

  8. 新潟運輸区B1218行路467M着後の折り返し時間に、西口改札閉鎖時エレベーター使用による3分(準備)を加算すること。

    回答:必要な労働時間は確保しているところである。

  9. 酒田運輸区運転士行路における「酒田~秋田間特急いなほ号」の技術保持及び、ダイヤ改正以降の運転士行路運用について考え方を明らかにすること。

    回答:必要な教育は実施していく考えである。

  10. 羽越線・酒田~秋田間の特認曲線に対応した運転時分の見直しを行うこと。

    回答:酒田〜秋田間の特認曲線は秋田支社で設定しているものである。

  11. 酒田運輸区運転士における110系車両の運転技術保持について明らかにすること。

    回答:必要な教育は実施していく考えである。

  12. 酒田運輸区運転士行路運用に110系の車両運用を行わないこと。

    回答:酒田運輸区運転士行路に110系の車両運用は基本的に行わない考えである。

【検修について】

  1. 検修社員がこれまで担っていた業務について今後、どのようにするのか明らかにすること。

    回答:検修業務については、関係箇所にて対応していく考えである。

【設備関係について】

  1. 今後の作業間合いの確保はどのようにするのか考え方を明らかにすること。

    回答:今後も必要な作業間合いを確保していく考えである。

【車両・設備について】

  1. GV-E400系、ワンマン列車運転時、無人駅に停車後に流れる自動放送の時間30秒以内に改修すること。

    回答:自動放送については、現行どおりで考えている。

  2. GV-E400系ワンマン列車運転時、発車ベルが鳴動できるようにワンマン装置を改修すること。

    回答:GV-E400系ワンマン装置については、現行通りで考えている。

  3. E653系運転時、交流区間で回生ブレーキが失効する原因と対策を講じること。

    回答:車両性能については問題ないと考えている。

  4. E129系において上越線・長岡~浦佐間において運用する際に「案内設定」ができるようにROM改修を行うこと。

    回答:E129系の案内設定については、現行通りで考えている。

【その他】

  1. 乗務員による車内清掃の付加時間に、運転士と車掌に違いがある理由を明らかにすること。

    回答:必要な労働時間は確保しているところである。

  2. 就業規則第90条を遵守せず、乗務割交番を大型化した理由を明らかにすること。

    回答:就業規則に則り対応しているところである。

  3. 着発3時間以上の着発点呼を廃止した理由を明らかにすること。また、これまで実施していた理由を明らかにすること。

    回答:ダイヤ改正に合わせて点呼設定の見直しを行ったところである。

  4. 駅留置時の折り返し点呼を廃止することに統一した理由を明らかにすること。また、これまで実施していた理由を明らかにすること。

    回答:ダイヤ改正に合わせて点呼設定の見直しを行ったところである。

【駅の業務体制の見直し関係について】

  1. 長岡駅の6時から7時、19時から20時。新津駅の18時から19時の窓口による発券状況を明らかにすること。

    回答:お客さまのご利用状況等を勘案し、2021年10月1日より、窓口の営業時間を短縮したところである。

  2. 長岡駅、乗り換え改札口のマルス稼働状況について明らかにすること。

    回答:乗り換え改札口マルスについては、乗り換えのお客さまなど、必要に応じて対応しているところである。

  3. 長岡駅、新津駅の3月12日以降の作業ダイヤについて明らかにすること。

    回答:駅の作業ダイヤについては、各箇所長が社員に示すこととなる。

  4. 新津駅の19時以降の営業体制について明らかにすること。

    回答:駅の作業ダイヤについては、各箇所長が社員に示すこととなる。

  5. 支社として指定席券売機の利用率を向上させる為の具体的な案を明らかにすること。

    回答:チケットレス化の推進、セルフ購入比率の向上に向けて、必要なご案内等を実施しているところである。

→地本団体交渉コーナーへもどる

  ■ 団体交渉のポイント

【ダイヤ改正関係】

  • 羽越本線内へのSuica改札機等の導入について
    • 羽越本線は新潟〜村上はSuicaエリア、村上以北はSuicaエリア外
    • Suicaエリアの拡大は出来るかの検討はしているが、計画は現時点で無い。
    • 不慣れなお客さまに不便をかけ、乗務員が対応してくれていることは一つの課題と認識している
      組合
      羽越本線でのワンマン運転拡大により、Suicaエリア外での対応が運転士になる。対応策は?
      支社
      車掌は紙の様式で対応しており、ワンマンでも同じ対応を行うことになる
    • 車内での精算により遅延が発生することには会社としても把握している。
    • ダイヤ提供の点から精算のために停車時間を確保する事は出来ない。日々を見てもほんの一部であり、遅延対策として時間を取ることは現実的ではない
    • 基本的にSuicaエリア外に窓口精算機を設置することはできない

  • ワンマンエリア拡大にともなうフェアゴール対策について
    • チラシの設置・配布・車内放送など強化などにより、お客さまに対して、乗り方などの周知を行う。
    • 乗車指導について高校については、言葉なのかチラシなのかは未定だが話はする。コロナ禍のため訪問するのかは検討している
    • 車内添乗は現段階検討中。必要に応じて行う
      支社
      村上〜鶴岡は、ワンマン化によって収入が著しく低下するとは考えにくい。ワンマン化によって、不正乗車され収入が落ち込むとは考えていない
      組合
      真面目に支払っているお客さまに不快感を与えないためにも周知を行うこと

  • 村上〜鶴岡間のワンマン試運転について
    • 実績として2月15日で4回目。昼2回、夜2回実施。2月上旬でキハ110系とGV-E400系で検討する予定だったが、雪害によって今日まで延びた
    • キハ110系は2両。GV-E400系は1両編成で実施。ミラーの角度の調整は運転台から見える角度なので1両でも2両でも変わらない。
    • 交渉日時点で大掛かりに修正した箇所はない。試運転は不都合などあれば、必要な都度行う

  • 村上〜酒田間のワンマンミラーの清掃・メンテナンスのあり方について
    • 現行は運輸部が現地に行っている。行けない時などは運輸区にお願いしている。庄内統括センターになれば、運輸区にお願いしている形と同じになる
    • 統括センターは、鼠ヶ関〜酒田間。鼠ヶ関までは新潟運輸区になる
    • 頻度は天候が荒れた時は2週間に1回程度。基本的には要請があってから実施している

  • 三瀬駅中線のワンマン停目について
    • 既存の停目を使用しワンマン停目は設置しない。直近上位に停車する
    • ワンマン停目を付ける事が全てではない。ローコストでやれる物はやる
      組合
      ワンマン停目の有無が異なる区間が混在すると間違いやすい。ワンマン停目によって意識付けになり安全が確保出来た面がある
      支社
      現在ワンマン停目が設置されている箇所をわざわざ取り外す事も考えていない
    • ワンマン停目を付けない大きな要因としてはコロナ禍でもあり、経営状況も含めてローコストをめざす
    • 運行に支障がなければ経営状況関係なく、そのままにする。
    • ワンマン停目が破損した場合などは運行に支障なければ既存の停目で対応。現場の声や調査した結果、既存の3停目に停まって貰う方向

  • 新潟駅高架ホームへの足場設置について
    • 現行通りで対応可能と判断。実測して時間は足りており、時分としても問題はない
      組合
      駅員が降車する箇所は設置されている。運輸・営業の視点で機会があれば検討して頂きたい
      支社
      意見として承る

  • 新潟駅ホーム発前整備となる列車への付加時間付与について
    • 必要な労働時間は確保しており、10分を付加しなくても間に合う
      組合
      現行では10分前に車掌がドアを開ける事が出来ないから、付加されているのではないか
      支社
      ドアが開くのが遅くなったとのお客さまの声が挙がって来れば見直さなければならない
      組合
      お客さまから苦情を貰う前にサービス的な事も考えて10分を要求している
      支社
      実測でどのくらい前にドアを開けたかは聞いてない。お客さまの乗車を含めて、発車には当たらないとは聞いている

  • 新潟運輸区B128行路の折り返し時間について
    • 467M新潟駅着後の折り返し時間が足りてなかったので3分を付ける

  • 酒田〜秋田間特急「いなほ号」の酒田運輸区運転士行路運用について
    • 特急「いなほ」号は酒田〜秋田間の定期行路が無くなるが、不安などに対しては必要に応じて添乗するなど、必要な教育は実施して行く
    • 異常時などは持ち替えが発生することはある。今後、秋田〜酒田の上りが戻って来る可能性はある
      組合
      急遽の持ち替えは余裕がなく不安もある。定期行路に入れるべきだ
      支社
      秋田支社も同じ条件であり難しい。慣らし乗務の必要は支社としても把握している

  • 酒田〜秋間の運転時分について
    • 時分は秋田支社が設定している。秋田支社に確認したが運転時分は足りているとのこと
    • 現場長には聞いているが、現場からは時間が足りないとの声は聞いてない

  • 酒田運輸区運転士のキハ110系の運転技術保持について
    • 定期行路にキハ110系は入ってない。基本的には臨時であり、本来運用が入ってないものが急遽な対応は今も同じ
    • 現行では異常時・イベント以外に担当することはない
    • 車両配置転換については、一切入れ換えがないとは約束できない。戻る事もあるかもしれない

→地本団体交渉コーナーへもどる