賃金引き上げのたたかい2021

2021年 賃金引き上げのたたかいに関する情報です

最終更新日 2021年 4月11日


→トップページへもどる

  ■ はじめに

 TVや新聞などの報道で「春闘」や「賃金引き上げ」といった言葉が聞かれる時期となりました。

 2020年は新型コロナウイルス感染症拡大にともなう緊急事態宣言の発令や移動の自粛要請など相次ぐ拡大防止策により、日本経済は一気に冷え込みました。

 感染拡大の落ち着きやGoToキャンペーンの実施などにより、徐々に経済活動も上向き始めたものの、第3波ともいわれる感染の再拡大により、ふたたび水を差された形となっています。

 各企業の業績も軒並み悪化し、JR東日本も通期業績予想も初の赤字決算を予想しています。

 このような中でナショナルセンターの連合は、「賃上げの旗を掲げ続ける」として2021春闘で2%のベア要求を掲げる決定をしました。

 私たち労働者にとって賃金の引き上げは生活を守るために大きな意味を持ちます。労働条件の最たるものである賃上げは労働組合が団体交渉を通じて、たたかいを通じて勝ち取るものです。社員会ではこれに代わることはできません。

 全組合員で、そしてJRで働くすべての労働者の力で職場から大きくたたかいを創り出しましょう!

→トップページへもどる

  ■ 本部団体交渉のコーナー ~2021年賃金引き上げのたたかい 中央本部の交渉についてお知らせします~

  ★  中央執行委員会見解を発出 → ここをクリック

  ★  経営側の回答に対し妥結を通知 → ここをクリック

  ★  第3回団体交渉のポイント → ここをクリック

  ★  第3回団体交渉において経営側より回答を受ける → ここをクリック

  ★  第3回団体交渉を終了 → ここをクリック

  ★  第2回団体交渉のポイント → ここをクリック

  ★  第2回団体交渉を終了 → ここをクリック

  ★  第2回団体交渉の日程が決定 → ここをクリック

  ★  JR東日本内と交通運輸産業の各労働組合にメッセージを送る → ここをクリック

  ★  第1回団体交渉のポイント → ここをクリック

  ★  第1回団体交渉を終了 → ここをクリック

  ★  第1回団体交渉の日程が決定 → ここをクリック

  ★  申6号として賃金改善の要求を提出 → ここをクリック

  ★  2021年春闘方針を確立 → ここをクリック

→トップページへもどる

  ■ 情報紙 unify 2021春闘シリーズ   (PDF形式でご覧いただけます) NEW

シリーズ
「2021春闘シリーズ」
第5号

シリーズ
「2021春闘シリーズ」
第4号

シリーズ
「2021春闘シリーズ」
第3号

シリーズ
「2021春闘シリーズ」
第2号

シリーズ
「2021春闘シリーズ」
第1号

3月14日発行

3月12日発行

3月4日発行

2月24日発行

2月9日発行

  ★ シリーズ 第 5号 2021年 3月14日 赤字下で、コロナ禍で必要な経費なのか?

  ★ シリーズ 第 4号 2021年 3月12日 続々届く職場からの声・疑問!!

  ★ シリーズ 第 3号 2021年 3月 4日 全組合員で2021春闘の取り組みアンケートに取り組もう

  ★ シリーズ 第 2号 2021年 2月24日 春闘要求満額獲得に向けて職場から運動を創り出そう!

  ★ シリーズ 第 1号 2021年 2月 9日 全組合員の力を結集し賃上げを実現しよう!

→トップページへもどる

  ■ 職場からのたたかいコーナー ~支部・分会・職場… 賃金引き上げに向けたたたかいをお伝えします~

  ★ 新潟支部 支部執行委員会を開催  → ここをクリック

  ★ 新潟設備分会 分会執行委員会兼集会を開催  → ここをクリック

  ★ 上中越支部 支部集会を開催  → ここをクリック

  ★ 新潟新幹線運輸区分会 分会執行委員会を開催  → ここをクリック

  ★ 新潟支部 4分会代表者会議を開催  → ここをクリック

  ★ 新潟駅連合分会 第8回分会定期総会を開催 → ここをクリック

  ★ 新津地区分会 第8回定期大会を開催  → ここをクリック

  ★ 上中越支部 執行委員会を開催  → ここをクリック

  ★ 新潟支部 執行委員会を開催 → ここをクリック

→トップページへもどる

  ■ 情勢を知ろうのコーナー ~2021年 賃金引き上げのたたかいを取り巻く情勢についてお届けします~

  ★ 金属労協が回答の中間集計を発表 ベア実施は2014年以降最低の水準に → ここをクリック

  ★ 連合が春闘の第2次回答集計を発表 賃上げ率は2%を下回る  → ここをクリック

  ★ ソニー、7.0ヶ月分の年間一時金を回答  → ここをクリック

  ★ 連合が春闘の第1次回答集計を発表 → ここをクリック

  ★ UAゼンセンが春闘の回答集計を発表  → ここをクリック

  ★ 非鉄製錬大手が一斉回答 → ここをクリック

  ★ 大手電機は8年連続のベア実施 → ここをクリック

  ★ 自動車各社で一斉回答 昨年を上回る満額回答も → ここをクリック

  ★ ホンダ、賞与満額回答 集中回答日を前に異例の早期回答 → ここをクリック

  ★ 航空各労組、ベア要求を見送り → ここをクリック

  ★ 春闘ヤマ場に向けて連合が中央集会を開催 → ここをクリック

  ★ トヨタの労使が春闘の第1回団体交渉 → ここをクリック

  ★ 政府諮問会議 成長軌道に不可欠として菅首相が高収益企業に賃上げを要請 → ここをクリック

  ★ 電機大手7労組が2,000円のベースアップ要求を提出 → ここをクリック

  ★ 全トヨタ労連 平均6003円の賃上げ要求 → ここをクリック

  ★ 自動車の各労組が要求書提出 ベースアップの有無非開示が相次ぐ → ここをクリック

  ★ 重工・造船大手の労使交渉開始 10年ぶりにベア要求見送り → ここをクリック

  ★ トヨタ労組、9200円の賃上げ要求を決定、ベア有無は非公表 → ここをクリック

  ★ NTT労組、年収2%増要求を決定 → ここをクリック

  ★ 連合が春闘総決起集会を開催 闘争開始を宣言 → ここをクリック

  ★ JP労組が6,000円のベア要求を決定 原資は供与格差是正に → ここをクリック

  ★ JR連合1000円のベア要求を決定 私鉄総連は900円 → ここをクリック

  ★ 電機連合が2,000円以上のベア要求を決定 コロナ禍での働き方の議論も → ここをクリック

  ★ 連合・経団連のトップ会談で2021年春闘事実上のスタート 賃上げの必要性は一致も労使の温度差浮き彫り → ここをクリック

  ★ 経団連が労使フォーラムを開催 事業継続・雇用維持優先を強調 → ここをクリック

  ★ 自動車各労組が方針案を固める ベア要求見送り相次ぐ → ここをクリック

  ★ 賃上げに内部留保の活用を求める ~連合が記者会見~ → ここをクリック

  ★ 経団連が2021年春闘の指針を公表 ~一律賃上げは非現実的も好業績ならベアも選択肢~ → ここをクリック

  ★ 全トヨタ労連はベア要求額を掲げず 一時金は年5カ月以上を要求 → ここをクリック

  ★ 自動車総連 2年連続でベア統一要求額は掲げず → ここをクリック

  ★ 西村再生相が賃上げ継続要請 ~経団連審議員会~ → ここをクリック

  ★ 電機連合、ベア2000円要求へ → ここをクリック

  ★ 全トヨタ労連が春闘の要求方針案 8年連続でベア要求も具体的な金額は掲げず → ここをクリック

  ★ 経団連が2021春闘の方針案 一律の賃上げを否定、成果に応じた配分を強調 → ここをクリック

  ★ JAM 2020年につづき6000円以上のベースアップを要求へ → ここをクリック

  ★ 金属労協が2020春闘方針を決定 ~6年連続で3000円以上のベースアップを要求へ → ここをクリック

  ★ 2%程度のベア要求を決定 ~2021年春闘で連合が方針決定~ → ここをクリック

  ★ 2%程度のベア要求へ ~連合が方針案を決定~ → ここをクリック

  ★ 賃上げの流れを継続 ~連合が春闘の基本構想を発表~ → ここをクリック

→トップページへもどる

  ■ 学習のコーナー ~賃金引き上げのたたかいに関する事柄について学びましょう~

  ★ 第二基本給制度とは何だろう? → ここをクリック

  ★ 第3四半期決算とは何だろう? → ここをクリック

  ★ ベースアップとは何だろう? → ここをクリック

  ★ 定期昇給とは何だろう? → ここをクリック

  ★ どのようなスケジュールでたたかうのだろう? → ここをクリック

  ★ なぜ一斉にたたかうのだろう? → ここをクリック

  ★ 春闘とは何だろう?→ ここをクリック

→トップページへもどる

  ■ 昨年の春闘交渉ふりかえりのコーナー ~2020春闘のたたかいを振り返ってみよう~

  ★ 中央執行委員会見解を発出 (2020年 3月15日) → ここをクリック

  ★ 第3回団体交渉 (2020年 3月13日)→ ここをクリック

  ★ 第2回団体交渉 (2020年 3月 6日)→ ここをクリック

  ★ 第1回団体交渉 (2020年 2月28日)→ ここをクリック

  ★ 申21号として賃金改定の要求を提出 (2020年 2月16日)→ ここをクリック

→トップページへもどる